2013年01月20日

みなと2.0前環境考察 -アルコット単を中心とするメタ環境でどう戦うか-

みなとソフト2.0を控え、環境が面白くなってきたのでここらで現環境で散見される強デッキを軽くまとめてみます。
みなとが入ると環境変わると思いますが、それまでの環境を理解しているか否かで組めるデッキの幅はかなり変わってしまいますよね。

◇強力なデッキ群
○アルコット単
言わずと知れた最強の構築済みデッキ(ぁ
言わずと知れてればいいのですが、フェスタで二人も壇上入りを果たして強さが立証されたというのに、結構皆さんアルコット単への意識が低いように思います。
アルコット単以外でも悪名高いプーチン、圧倒的な盤面制圧力を誇る桜濱、桜濱とのシナジーで強烈な突破力を誇るヱレミア。それらを任意に2枚もサーチする蘭などなど。
他のデッキではメインアタッカーのうっかり侍さんが滅多に盤面に出ないほどアタッカーに恵まれており、純粋なビートダウンではまず勝てません
加えて、犬養があまりにもインチキくさい効率と使いやすさで奪取してきて打点高率に拍車をかけてきたり、あまつさえ葵の能力でゴミ箱利用をメタってきたりしてびっくりするぐらい万能です。

ただ、デッキにイベントカードが入り得ないので、盤面が揃った後はハンドが腐ることが多いです。
また、犬養と葵以外ではほぼ相手のやりたいことを妨害できません。
それらも加味すると、打点を通りにくくしてからの回復ゲーなどには弱いです。
蘭でサーチ出来るカード以外にはウォームアップドロー以外でアクセスできないので、圧倒的なパワーカードへのアクセスが出来ないことも多々ありますが、デッキの半分ぐらいは他のデッキのエース級のカードなので、どこを引いても極端に弱いことはないです。
とはいえ、犬養は出るか出ないかでまるで世界が変わるので、相手をする側は逆に犬養を(例えばFD+エキゾチッククドなどで)メタるだけでもだいぶ楽さは変わります。

微調整の余地すらほぼ無いデッキですが、この通り弱点が少なく、生半可なビートダウンは後攻事故からでも逆転出来るパワーを持っており、デッキが思いつかなかったら思考停止してアルコット単持っていけばいいってレベルです。
そうゆう思考停止を安易にされないよう使わない側はアルコット単には勝てるデッキを持っていくぐらいの心構えが欲しいところですねw

○ゆず単
前回のフェスタでは何故か壇上にいませんでしたが(決勝階段で私が潰したせいですがw)、かなり強いという認識です。
射撃をはじめ、ブラックジャック、料理が非常に強力で、これらに比べると一歩劣って見える念動力も強力ということで、イベントに恵まれています。
特徴としては、ブラックジャックと料理が軽くパーミッションの存在を否定していたり、デッキの1/3ぐらいが盤面でそこそこ活躍するドロソだったりして、展開力が高い。
また、射撃があまりにも強力で多くのコンボデッキに煮え湯を飲ませる仕様になっています。
また、相手の盤面が完成し、盤面で出来ることが少なくなってからも優しいお姉ちゃんや念動力で追加打点を入れられます。
さらに料理宣言から先攻取られても先に殴り始められたりして、色々とかゆいところに手が届き、万能です。

イベント枚数がまずまずミニマムでも16枚、大体18枚ぐらいになるので、パフェが大きな懸念になりますが、1枚までなら問題なく宙絡みに勝てます。
パフェとかなかが合わせて2回来るとちょっと辛くて3以上は割と不可能ぐらいでしょうか。

なお、私が認識している範囲では花宙で組んで重箱弁当も積んでいる型が最も強いです。
ゆずを意識しておらず、かつパフェが入っていないデッキには基本勝てますし、回していて非常に気持ちがよいので使ってみてはいかがでしょうか。
参考レシピは多分これが良いですw(LOEのカードが消えてますけどw)
http://www.silverblitz.com/event/tms_viewer_player.cgi?tno=20130106&no=000048

○宙日ネコ比良賀
トップデッキの一つでしたがフープを失ってどうか、と思っていたらサクッと準優勝していきましたw
動きとしては耳年増あーちゃんでネコナイト貼って時間稼ぎつつ魔弾や比良賀で焼いたり邪魔なキャラを狙撃したりするデッキです。
このデッキの特筆すべき点は、ネコあーちゃんが決まっている限りにおいてはアルコットに有利がつくことです。逆に言うとぶっちゃけ宙絡みでアルコットに有利つけられるデッキって今発見されているデッキではこのデッキだけだと思ってます。

逆にアルコット側に葵を出されてしまうと比良賀もあーちゃんもニートになってしまいます。
しかし、葵は全属性キャラでかつ2コスト以下なので属性除去が刺さりますので、カウンセリングを積むことでアルコットに決定的な有利をつけられるでしょう。

強力なデッキの割に何故か研究が進んでいないので、結構熱いコンテンツだと思っています。

○月花禁断症状
ドロソへのアクセス率の高さやメタ能力の高さなど、非常に強力です。
…が、試合時間が長いという致命的な弱点を持っています。
気を抜くとすぐに時間切れ引き分けになるので、全てのアクションを即決で行い、自分のターンにかかる時間を極小に抑えるのがほぼ必須となります。お陰様で急ぎすぎて何回かプレミしました(ぁ
一番致命的なのが上級者同士のミラーで、まず確実に時間内でケリがつきません。
万一ミラーになったら序盤に引き分け時にどうするかについての紳士協定を結んでおくのがベターかと思われます。。。

○月花雪かぐや姫
かぐや姫でサクラ貝をループし、藤林椋と記憶喪失の少女で合わせて往復14点とかそうゆう基地外地味たバーンダメージを叩き出すデッキ。現環境で最も尖っているデッキだと思います。

尖っている分苦手な動きは多く、パフェ、ゴミ箱回収メタ、バーンメタ、除去などが中でも致命的となります。
それぞれに対し、パフェには箱や郭、ゴミ箱回収メタやバーンメタには言語ナナカマド筆談(メタ外のパラ号にも裸+)、除去には登校菜々子など回答の選択肢があります。
また、アルコットの犬養にキャラを奪われるのもハンドの問題で盤面を再構築するのが辛いのですが、こちらはかぐや姫からFDをサーチ出来るので、エキゾチッククドとFDを1枚ずつ積むだけで奪取メタとして機能させることが可能です。

概ね妨害行動を2種類行われるとハンドの都合から苦しくなる印象です。
そうゆう意味ではパフェとフランチェスカ、果てはかなかまで有している宙絡みがかなり苦手です。

○日単ヤンキース
アグレアタッカーと落ち物で打点を刻み、ヤンキースの12点で勝つデッキ。
ヤンキースの12点分が計算から漏れやすく、気づいたら負け確なんて展開もままありますし、早いデッキなので対策を引かれるまでに殴りきることも多々あります。

ヤンキース以外にもバーンに頼ってゲームをすることが多いので、バーンメタが苦手だったり、袁術を出されるとヤンキース揃えにいけなくなったり夏川の跡地に滑りこめなくなったりして非常に辛くなったりします。
割とメタ外の強さでゲームをしている感じなので強デッキとして扱うのはどうかというところもありますが、意識していないと割とあっさり足を掬われるデッキではあります。


◇よく見るけど何が強いのかよく解らないデッキ群
○花単
豊富なメタがあることと、正しく運用出来ているプレイヤーが少ないことで持っているデッキという認識。
正しい運用が出来るプレイヤーと場数を踏んでいないと非常にプレミを犯す率が高くなり、そのプレミを拾って勝っているという感じ。
遭遇を何回か撃って劉備で回復していればアルコットに勝てることもしばしば。
不利からスタートして相手のミスを拾いながらプレイングで勝つゲームになりやすいため、使っている際の面白さはかなり高そう。

○宙単
どー考えてもアルコットに有利つくビジョンが見えません。
徹底的にドローをメタってハンド縛りながらゲームする型もあるようですが、ますますアルコットに勝てる気がしません。
パフェ、フランチェスカ、取り合いといった気持ち悪いところに刺さるカードを積みやすいという利点はありますが、当たり運に恵まれなければ上位は難しいという認識。

○雪単
対アルコット、対ゆずのダイヤグラムが絶望的。
どの型でも中型、大型に頼る構築になるので、犬養や射撃が即死クラスに厳しいです。
基本的に序盤でこけて上位には上がって来れません。上がってきてもアルコットの養分になりやすいです。

○日花
アルコットの劣化互換まで。
ハル血統凛型は射程が長く、ちょっと他と差別化されている気がしないでもないですが、宙日と違いこちらの配色はフープが無いとゲーム出来なかった模様です。



とまぁ代表的なデッキはこんなところでしょうか。
月パーミは対ゆずが不可能な前にそもそも環境であまり見なくなりましたね(汗)
カードゲーム史上でも最強の構築済みデッキであろうアルコットが意識されないとどれだけブンブン出来るのか、ってのとそれを防ぐための各デッキの戦い方を中心に現環境をまとめてみたつもりです。

アルコットは結構出来ることが多いので、構築はほぼ固定でもプレイヤーによって結構差が出るデッキではあります。
上手いプレイヤーにその分で負けてしまうのはともかく、何の準備もせずに物量で押し切られるのは残念過ぎるので、とりあえず現状でまとめてみました。
みなとの限定構築がどこまで強いか未知数ですが、楽しみ半分、戦々恐々半分で待ちますかw



【↓以下、ヤフオク便利リンク】

Lyceeのヤフオクのプロモカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのネオパラまとめリンク

Lyceeのヤフオクのラッキーカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのサインカードまとめリンク

とりあえずLyceeで出品されてるもの全部
posted by あるじ at 03:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | Lycee考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

東京フェスタのワンキルの成否に関する個人的意見

個人的には事後だし、すぐにエラッタがかかる想定なので詳しく解説する気はなかったのですが、結構要望があるみたいなので、ちょっとだけ解説。

エポナセリオベールワンキルに関してはルール的にみんなが疑問に思っている点が二つあると思うのですが、それらが混同されて議論されているきらいがあります。
その2点とは、

1.そもそも成立するのか
2.ハンドにEX3分のイベントが存在しなくても衛星システムからゲーム好きを宣言可能なのか

かと思われます。

1.に関して、

Q.わざと使用代償の支払えないイベント・特殊能力等の宣言を行ったり、一旦、宣言したイベント・特殊能力等の使用代償の支払いを、故意に取り消すことはできますか?
A.できません。イベント・特殊能力等の使用を宣言するときは、使用代償が支払えないイベント・特殊能力の宣言を行うことはできません。また、イベント・特殊能力等の宣言の処理時に、宣言時に指定した使用代償を支払わずに取り消すこともできません。

という裁定が議論の対象となっているようですが、これに関しては、ハンドにEX3分のイベントが存在する場合、

@ベール能力宣言

Aセリオの衛星システムから使用代償を支払うことができる状態である

B使用代償支払うため、セリオの能力を宣言する

C宣言された衛星システムが解決失敗する。

Dゲーム好きが解決失敗する

という流れであり、エポナによって宣言の解決が失敗しているだけで使用代償の支払えないイベント・特殊能力等の宣言は行っていません。
また、未確認ですが、
「 また、イベントカード等(衛生システム)によって使用代償を供給する場合について、供給予定だったイベントカード等の効果が妨害(エポナ)される場合について宣言不成立の可能性がありますが、その場合は宣言の不成立によるルールエラーとはなりません。」
という記載がペディアに載っているらしいです。

手札にイベントがEX3あるケースに関しては現行のルール、カードテキストで出来ない理由はないとの認識です。



2.に関しては正直自分は怪しいと思っていて、当日までは1.の場合のみ成立すると考えてそのようにデッキも組んでいました。
大会前にジャッジに確認を取ってみたところ、「手札がEX0のイベントのみでも可能」という裁定を頂いたんですね。この場合、自分は「わざと使用代償の支払えないイベント・特殊能力等の宣言を行ったり」という部分が抵触するんじゃないの、と。
これに関しては大会ガイドラインのジャッジ項の

「ジャッジは必要に応じて、ルールに対して判断を行います。この判断を「ジャッジ裁定」と呼びます。ジャッジ裁定は発行した大会内においてのみ有効な裁定です 。他の大会に影響を与えることはありません。」

にあたると自分では認識しています。

3rdでもこのワンキル使えるとかなったら噴飯ものですが、確実に早期対処が入ると思いますので、この辺を詳しく理解する意味があるかどうか微妙なところだと思いますw
まぁ、頭の体操だと思って軽く読み流して頂ければ、と。



【↓以下、ヤフオク便利リンク】

Lyceeのヤフオクのプロモカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのネオパラまとめリンク

Lyceeのヤフオクのラッキーカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのサインカードまとめリンク

とりあえずLyceeで出品されてるもの全部
posted by あるじ at 00:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | Lycee考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

出番なし慎二、思ったより早くエラッタかかりましたね!

そんなわけで公式の手によって出番なしの出番が奪われましたよっと。

変更前 このキャラが自分の手札または自分のデッキからゴミ箱に置かれたとき、またはコストとして支払われたとき、自分のゴミ箱の「間桐 慎二」の枚数だけ、相手のデッキを1枚破棄する。破棄したとき、自分のゴミ箱の「間桐 慎二」全てをゲームから取り除く。

変更後 このキャラが自分の手札または自分のデッキからゴミ箱に置かれたとき、またはコストとして支払われたとき、自分のゴミ箱の「間桐 慎二(CH-0628)」の枚数だけ、相手のデッキを1枚破棄する。破棄したとき、自分のゴミ箱の「間桐 慎二(CH-0628)」全てをゲームから取り除く。

シャムトラよろしく同番号のみに変更。
若菜色は健在なので、そっちは上手い使い方があるかも…いや、ないかw

同時にかかるだろうと噂されてたお願いあゆはエラッタ無し。
シャムトラもそうだけど、極端に早いデッキはゲーム性を壊しやすいので、慎二へのエラッタ対応は慧眼だと思います。
1killとアグレ系はエラッタかかりやすいって傾向が見受けられると同時に、逆に言えばそれ以外は相当環境を席巻しないとちょっとぐらい壊れててもスルーされやすいって考えていいかもしれませんね。


このエラッタが環境を変え得るのは言うまでもないですが、他にも結構重要なQ&A出てたのでピックアップ。

CH-4418 劉備・桃香
Q.味方キャラに対して「劉備・桃花」でサポートを宣言し、「癒しのおっぱい君主」を処理しました。その味方キャラの名前を「任命」によって変更し、その味方キャラにもう一度サポートを宣言した場合、「癒しのおっぱい君主」は処理されますか?
A.いいえ、処理されません。

Q.味方キャラに対して「劉備・桃花」のサポートを宣言し「癒しのおっぱい君主」を処理しました。その「劉備・桃花」を破棄し、もう一度「劉備・桃花」を登場させ、同じキャラに対してサポートを宣言した場合、「癒しのおっぱい君主」は処理されますか?
A.はい、「癒しのおっぱい君主(劉備・桃香)」を処理することができます。

これは重要であると同時に汎用性が高い裁定。今後も引用されることが多そう。
1キャラにつき1回まで処理可能のテキストがキャラの名称についている情報ではないっていうのはまぁ、確認程度の意味しかないでしょうが、このテキストが本人と使用対象の二つ揃って一意になるってことを意味していますね。
Lyceeの使用制限にはプレイヤーにかかる情報(ゲーム一回とか)とキャラにかかる情報(ターン一回とか)とがあって、1キャラにつき1回までの情報はそれらと違って対象にかかる情報かと思っていましたが、ターン一回と同じ分類なんだってことです。


CH-4092 姫野川 かなか
Q.「意思をもったギロチン台(姫野川 かなか)」の効果の処理順は任意に選ぶことができますか?
A.選ぶことができます。

Q.相手のキャラが2体しかいないときに「姫野川 かなか」を登場させました。「意思を持ったギロチン台」の処理はどうなりますか?
A.この場合、「意思を持ったギロチン台」の効果の3つの内、2つが処理されます。 その後、以降「意思を持ったギロチン台」の効果は処理されません。

だいぶ前のフェスタで聞いていましたが、公式に載ってないと分かりにくいですね。
効果の処理順を誰が任意に選ぶことができるのか書いてくれてないのは「おいwww」って感じですが、フェスタで聞いた話だとかなかの使用プレイヤーが選べるようです。
この手のテキストがこれから増えるとすると、前例となる裁定としてちょくちょく利用されるかもしれませんね。


IT-0189 ナタ
Q.自分の手札の「ナタ」を相手に装備させました。その「ナタ」によって得た[デッキ・ボーナス]の持ち主は自分ですか?
A.はい。その[デッキ・ボーナス]は「持ち主が自分の効果」になります。

通常利用されることはあまりない裁定かもしれませんが、今回の最重要裁定ですねw
カンナへのエラッタはなんだったのか、と疑問に思う放置のされ方をしていましたが、実は裁定で片がついてました。
フェスタで確認したところ、相手に何かを付与した場合、それは付与したカードの持ち主の効果になるようです。
ナタの場合、持ち主が自分の効果により、持ち主が相手の基本能力が発生します。
また相手のシスヘルにペナルティを与えられた場合、持ち主が相手の効果によって発生したペナルティ5点となり、菜々子で倍返し可能と説明を受けました。こちらの方はジャッジ間でももめていたので、大きな大会で必要な場面になりそうなら都度確認した方がよいかもしれませんが。
考え方としては「効果」の持ち主は発生源の持ち主を参照し、基本能力や特殊能力の持ち主はその能力を持っているカードの持ち主を参照すると考えておけばよいと思います。


基本能力・特殊能力を付与した場合、基本能力・特殊能力の持ち主は基本能力や特殊能力を持ったキャラの持ち主ではなく、それを付与したカードの持ち主を参照すると考えた方がよさそうです。
持ち主が相手のキャラの基本能力・特殊能力なのか、持ち主が相手の基本能力・特殊能力なのかを注意して見ていかないと痛い目に遭いそうですねw
今のところ、実運用で影響しそうなのはカンナ、菜々子ぐらいでしょうか。


IT-0178 狙撃
Q.相手キャラに「狙撃(IT-0178)」を装備させ、「狙撃」によって得た特殊能力「狙撃」を宣言し、相手キャラを破棄しました。この場合、特殊能力「狙撃」は相手の効果として扱われますか?
A.特殊能力「狙撃」は相手キャラの持つ特殊能力ですがキャラの持ち主が使用する特殊な効果です。自分が使用した場合、処理される効果は自分が使用した自分の効果として扱われます。

これはテラマテ裁定と同じなので、詳しい人にとっては目新しくはない裁定。
この裁定のおかげで悪いことがとてもしにくいです(ぁ


CH-0115 若生 鳳仙
Q.「先見の力(若生 鳳仙(CH-0115))」を使用している状態で「アイドル誕生(EV-0677)」を使用した場合、使用代償が[無無]のキャラを使用代償を支払わずに登場することはできますか?
A.はい、登場することができます。

悪いことの匂いがプンプン漂ってますw


CH-4315 宮元 橘華
Q.味方「宮元 橘華」を「橘華の行進曲」によって相手の場に移動する事はできますか?
A.はい、可能です。

健全に悪いこと出来そうで微笑ましいです(ぇ


CH-4431 華雄
Q.「華雄(CH-4431)」に「レベルアップ」を4枚装備させた場合、「金剛爆斧」の効果によってこのキャラは、AP+16、「ダッシュ」16個、「デッキ・ボーナス:相手のデッキを1枚破棄する」を16個を得る事は可能ですか?
A.いいえ、装備している「レベルアップ」のうち1枚を使用者が指定し、その「レベルアップ」のコストの数だけ効果を処理します。

マジか・・・
いや、大火力実現したかったらこんな効率が悪いことをする必要はないと思いますが、何となく悲しい裁定w


他は割と自明なQ&Aだった気がします。
…久々にまともにLyceeの記事書いた気がする(ぁ



【↓以下、ヤフオク便利リンク】

Lyceeのヤフオクのプロモカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのネオパラまとめリンク

Lyceeのヤフオクのラッキーカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのサインカードまとめリンク

とりあえずLyceeで出品されてるもの全部
posted by あるじ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lycee考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。