2013年01月14日

2013年1月銀符律公式大会レポート

銀符律ランキング大会出られないじゃないかうわぁーんとか思って萎えていましたが、7弾のカードで高まって無事公式大会に出ることが出来ましたw
結果は5-1。

使用デッキ:雪日反魂蝶
1回戦 VS月雪 ○
じゃんけん負けて相手に先攻蓮子エンドされる。
とても嫌なエンドですね…orz
返しにフルハンドでマエリベリーと白蓮ともう一体AF並べて返す。
すると返しに雪幽々子置かれて雪月と発覚w

相手の幽々子強すぎて打点レース微負けで進みつつお互い妖は引けずに戦う。
打点レース結構負けててしんどかったものの、幽々子の能力起動されそうなターンの一ターン前にハーンをチャンプで消してタッパーとチャンプ使いながら捲って勝ち。

2回戦 VS日単 ○
初手に妖が2枚ある。咲夜置いてエンド。
相手に魔理沙、空と展開された返しにトップドロー妖www
仕方ないので妖を残して相手を2体とも除去ろうとすると対応で魔理沙宣言。
タイミング正しいw
返しにもう一体中型追加されるも、こちらトップドロー二枚ともキャラ外。
仕方ないので残した妖で再度除去。
一方的に殴っている盤面ながらも咲夜一人じゃ無理があるよwww
ここは妖キープしてキャラ追加したい場面だったんだが…

案の定相手にテンポ取り返されて同点ぐらいの打点レース。
そこで落ち物小傘が起動して相手だけチャンパーが沸く展開。
これは反魂マエリベリーか妖、阿求辺り引かないと負けるな…

つ 妖

トップ解決して打点優位に立ち、最後にレインボーUFO言われて焦ったものの問題なくライフ残ってたので勝ち。

3回戦 VS花単 ○
ようやく踏んだ仮想敵。
初手幽香を見たときの安心感がヤバいw

普通に妖引いて中盤にメルラン追加してレティで思いのまま盤面コントロールしてそのまま勝ち。

4回戦 VS月単 ○
先攻初手蓮子すくすくとかされて軽く絶望する。
返しでパチュメルランだっけ??
蓮子能力は対応妖するもすくすく止まりませんw

メルランはルナサで秒で止められる。
さらに蓮子追加されて萎える。

返しできのこ覚悟のすくすく対面白蓮。
きのこ撃たれなかったので翌ターン上がろうとすると対応で蓮子。
ハンド2枚からじゃ反魂言えないので渋々反魂蝶から中央レティ。
翌ターンからすくすくを止めつつメルランを通す形に。

返しでにとり出されてみとりキープされて翌ターンみとり。指定は当然テーブルターニング。
そのあとハーン中央AFで白蓮通して打点優位をキープするゲーム。
一度回復でボトムに妖戻ったのでみとりを除去ってテーブルターニングから打点追加。
みとり回収から翌ターン再封印。

そんな流れながら相手の残りライフが6、こちらのライフが10になったところで打点が止まる。
翌ターンすくすく通すとドローからちょうどバーン出来て翌ターン詰めないと負ける状態。
手札にキラリと光る雪日チルノwww
白蓮後ろに下がってから跡地にチルノwww
これできのこトップ以外の敗因は消えた。(きのこトップでも多分耐えるが)

翌ターン相手長考の末投了。辛勝w

5回戦 VS雪花 ×
相手先攻でレイム登場エンド。
返しにAF出してレイムに妖。
返しで相手が反魂蝶からレイム引っ張ってくる。
そんなに重要なのか…

返しで白蓮を出すも、何故かレイム対面ではなく中央AFに出すプレミ。
死ねよwww

そのままゲーム進んで相手の橙強くて打点レース微負け。
とはいえ妖一発で余裕で返る。
トップドロー妖。勝ったっ…!
と白蓮…orz
撃てないwww

これで一ターン除去が遅れて一気に辛い展開に。
最終ターン前にこちらのライフが残り5で相手は10。
妖引きにいったのが裏目で殴ると橙で返されて次のターンに詰め手段がない。

相手のゴミ箱見て花のイベント枚数が多いのを確認して落ちてる2枚しか妖積んでないと信じて待ち。
翌ターンは打点通さないのでトップドローで妖が確定している。
妖で橙除去って3点回復から翌ターン打点シャットアウトすれば返しで詰められる算段。勝ったんじゃね??

っで翌ターンにハーンに妖撃たれて負け。レイム入ってるからワンチャン3投あるなと思ったけど、3だったか…
ドローの流れの問題があるので実際どうなってたかは分かりませんが、最初の3点が無ければフルアタックで勝ててた試合だったよね…orz

6回戦 VS花単 ○
いつも花単で上に行ってる人だなぁ…
今回もワンチャン花単なんじゃね??

っで先攻初手フラワーショット見て花単確信。
しかも返しが強くてメルランパチュハーン霊夢とかそんな感じ。
これは勝ったwww

ゲームは途中で出したレティで打点止めつつ追加して、受けた分はほぼハーンで回収する想定通りの流れ。
メルラン対面にエクスペリーズカノンから橙置かれたのが強くて、メルランと相討ちさせるタイミングを逃している間にホーミング霊夢置かれて相討ち出来ない盤面に。

盤面だけ見ると圧勝ながら妖へのアクセスだけ遅くて相手がハンド溜め始める。
霊夢がいる間に封印連打から守矢まで繋げられると負けそうなターンが1ターンだけあってかなり冷や汗ものの展開に。
フラワーショットに妖宣言した時点で勝ち確信。対応でフラワーショット宣言を考えられるも宣言はなし。
そのまま勝利。



そんな感じでした。
環境のトップは花だと思っていたのですが、思った以上に月だらけで困りました。
別に月相手不利ではないですが、有利でもないので辛いですw
逆にもっといるかと思っていた雪絡みは少なかったようで。

持っていった段階で相当煮詰めたつもりではありましたが、実際にトーナメントレベルの試合をしてみると調整点は結構あるように感じました。
他にも強そうなデッキ案がいくつかあるので、次も同じ色を使うかは分かりませんが、非常にお気に入りなデッキでプレイ出来たのは楽しかったです。

あと、今回の雪日でやっと銀符で納得するデッキを使えるようになったので、銀符モチベが結構上がってたり。
今までは納得行ってない状態で使って引きに依存しまくっていたので、それがかなり解消されたのは嬉しい限りです。



↓以下、ヤフオク便利リンク

Lyceeのヤフオクのプロモカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのネオパラまとめリンク

Lyceeのヤフオクのラッキーカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのサインカードまとめリンク

とりあえずLyceeで出品されてるもの全部
【東方銀符律の最新記事】
posted by あるじ at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東方銀符律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313309736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。