2013年01月07日

【新年】Lyceeフェスタ1月東京大会レポート

というわけで、知っている方も多いかと思いますが、新年一発目、Lyceeフェスタ東京。
ようやくLyceeの大規模大会で個人優勝することが出来ました。
二年前のGP大阪決勝で先行1ドローを忘れるという致命ミスで敗戦して以来決勝卓もご無沙汰でしたが、今回は階段で身内踏んで負けからの土下座トスとかそんなこともなく、ケチがつくことなく7戦全勝での完全優勝でございます。

デッキレシピは公式参照。
http://www.silverblitz.com/event/tms_viewer_player.cgi?tno=20130106&no=000001
見えない状態のがスーパーエンジニア、何故かセイバーになってるのは血統の凛です。

そんなわけで今回は月花を選択しました。
一昨日まで全力でかぐや姫を調整してたのですが、宙単にどうやっても不利がつくという致命バグが克服できなかったので、そちらを放棄し、一見すると既知のシナジーだけしか使っていない手抜きデッキに見える構築の月花を採用しました。
実のところ、デッキ完成時のこれじゃない感は半端無かったですw

採用に至った流れとしては、環境のメタ読みとして、
・ビートダウンとしてならおよそ最強クラスのアルコット単
・限定構築で最もプールに幅があり、最優秀イベント除去である射撃を有する扱いやすさと、ゆず人気(多分)で利用者が多そうなゆず単
・そのゆず単を狩れる宙単
・一部で話題沸騰中のかぐや姫
辺りが上の方に上がってきそうという読みがあり、これら全てに相当な有利をつけることが採用の条件でした。
逆に、上記のデッキに勝つのが難しいと予想される月パーミや雪絡みは勝てば踏む確率がかなり下がるのである程度切った形になっています。

元々、花月は月パーミや除去をやや苦手としており、それらを同時にメタるのが難しいことや、それらの一方をメタるが故にイベント過多になって宙絡みを新たな脅威としてしまうところに大きな欠陥を抱えていましたが、環境の追い風でそれらのデッキ選択が困難になったため、そこを思い切って切ることで全般的な勝率が高くなっています。

また、トップメタに想定した4デッキの全てに対して、明確に「このカードが困る」という1種類のカードが存在しました。

・アルコット単 → 犬養
・ゆず単 → 射撃
・宙単 → 序盤の取り合いまたは中盤以降のかなか
・かぐや姫 → サクラ貝

他にも花単の脱走など、1枚のカードだけ対処できれば相当な高確率で勝てるというマッチアップが多数存在したわけです。
そうなると亜多良が最高に優秀なわけで、これが中途半端なメタとしてではなく、デッキの中核として4投となっています。

そんなわけで、去年1killで環境を荒らしに荒らした人間がまさかのメタビート選択という信じられない心変わりをして新年初フェスタに臨んだわけでありました。


そんなわけで以下、大会レポート。
内容はうろ覚えなので、創作である可能性があります(ぁ

1回戦 VSゆず単 ○
相手先行で射撃切って男乙からの展開。
ゆず単確定。
返しで赤い糸で亜多良とロビン呼んできて亜多良射撃指定からの紗音ロビン。
後はアンタッパーはカマドで黙って貰いつつ、早い段階で凛神奈ウォルフラムと揃ったので念動力以外では回復量を上回る打点を受けることもなく勝ち。

2回戦 VS花単 ○
相手、店舗大会でいつもびっくりするぐらい引き厨してくる身内www
これ負けたら限定構築に移動することも出来ないじゃんか、最悪wwwとか思いながらゲーム開始。
壮絶な読み合いであいこを重ねた上で最後に一瞬気が抜けて絶対に出してはいけない手を出してしまいじゃん負け。手を出した瞬間に「やっちまったwww」と思ったじゃんけんだった。反省。

先攻の相手の初手がマリア神奈でゴミ箱空にしてからのジュリアンで確定回収のこのか。
案の定超強いっすねwww
デッキによってはこれだけで心折れる展開ながらも、こちらの初手を見るとこれがまた強かったので多分勝てるな、とか思いつつターン貰う。
こちら、赤い糸でスーパーエンジニアとロビンサーチし、手札から紗音登場対応で狂宴。
とりあえずスーパーエンジニア登場して能力宣言から言語をジュリアンにセット。
AFに凛を登場して手札にウォルフラムと箱を残してロビンを中央AFに登場、放置してエンド。
返しのターンでマリアに脱走して出し直しから陽菜サーチされて中央列逆行性健忘。
これは酷いプレミwww
死にたいwww

本来なら敗着クラスのプレミでしたが、さっきのターンにウォルフラムを出せなかった原因である魔法の箱が火を噴き、1ターン分アドを取られる程度の傷で済む。
そもそもの完成盤面での相性が圧倒的優位なので、その後はウォルフラムで凛を回収しながら神奈を待ち、神奈を引いた後は回復しながら移動打点のループ。
最終的に回復で粘られるも、毎ターンウォルフラム凛/神奈+凛収納で超回復に入っていたので、こちらのゴミ箱は終始一桁前半。時間切れだけが怖かったものの、結果自体は圧勝で幕を閉じました。

3回戦 VS日花 ○
先攻を取るもめぼしいカードがなく、中央に雲外鏡を登場してエンド。
紗音も出したんだっけ??
返しで相手が渋い顔をして落ちもの井上を出してくる。

これは、事故だーーーーっ!!wwww

さらに女子力追加でエンド。
返しで亜多良出してフェイリス禁止してウォルフラム。
ゴミ箱を10枚溜められる気配が無かったので雲外鏡とりあえず殴ってパンツ禁断。
再度雲外鏡中央でエンド。

返しのターンでも相手ドロソ引けず渋い動き。凛追加されたんだっけ??
かなっぺでゴミ箱除外して相手の凛が紗音絡みでも止めがたいスペックに。
とはいえこちら返しで雲外鏡宣言。焼却を打たれず、凛引いて勝ち確の流れへ。

相手の打点を超回復で無に帰しつつ迎えた終盤に楠ハル出てくる。
ハンドは潤沢なので、モデルからチンジャオループ入るとライフ30ぐらい溶けるなぁ、とか。
即チンジャオ連打は来なかったので、返しに亜多良収納から出し直してチンジャオ指定して勝ち。

4回戦 VS宙単 ○
ウォルフラム紗音とかそんな開幕だったか。
相手は渋い返しでプーチンチュチュ。
こちら返しでプーチン宣言されるもスーパーエンジニア2枚握ってたので相手は亜多良しか選択肢なし。
亜多良抜かれたのは痛いものの、スーパーエンジニアから即チュチュを封じる。

ウォルフラム仲内紗音でサクサクドローするも、肝心の凛神奈へのアクセスがなかなか出来ず、相手の打点が痛い。
これ、かなか出されたら負けるから早く亜多良引きたいなぁ、とか思いながら内心冷や冷や進行。
途中でかなかが落ちて内心ガッツポーズ。ワンチャン1投の可能性はあるw
相手も1投っぽい落胆の表情を見せているぞwww

そんなこんなで冷や冷やしていたものの、無事凛神奈を引き入れクロック開始。
こうなるとイベント少ないのでかなかパフェでも返すのは困難になり、勝ちへ。

5回戦 VS花月雪かぐや姫 ○
この時点で勝ちが5人。その内アルコット単が2人いるらしいという噂を聞く。
予想通りの展開に笑いが止まらない。
アルコット単なら後手でも8割ぐらい勝てるwww

さぁ、来いアルコットと思って望んだ5回戦。
相手に先攻取られてたぬき切ってジュリアン登場からスウィートウォーター御影このか。
花単使いって引き強いっすねぇwww
とか思ってたら藤林椋追加。
かぐや姫かよwwwwwwwww

手札の亜多良を見ながら内心ほくそ笑みつつ神奈紗音凛と展開。
翌ターンにかぐや姫を追加されたので返しで万を持して亜多良。指定はサクラ貝。

これで相手がナナカマドを引き入れるまでに打点差つけて引き離す。
もしカマド貼られても箱にアクセスすればまず勝てる。
そんな風に考えながらプレイ。

2ターンぐらいでカマド引かれて「ちょっと早いなぁ」とか思ってたら次のターンでツモる此芽様。
これは今日の俺はついてるwww

2ターンぐらいで筆談されてまだ箱はおろか言語にもカマドにも赤い糸にもスーパーエンジニアにもアクセスできていないのは想定外だったものの、往復14点バーンとこちらの殴り切りがどちらが早いか微妙な状況。
そこで2ターンぐらいフルバーンされて相手が魔法の箱設置。箱引かないと危ういwww
そこでようやくこちらも箱を引いてきて設置。亜多良が再度目を光らせ始める。

そうなると相手がサクラ貝以外のイベントも絡めてバーンしてきても回復量に追いつけるはずもなく、そのまま勝ち。

6回戦 VSゆず単 ○
決勝階段。
相手は身内。
土下座の準備はいいかな??w

先攻で渋い初手で困るも神奈登場。
エンド対応でブラックジャック宣言されてゆず単確定。
亜多良出して射撃指定。勝った(ぁ

とはいえ初手が弱すぎワロタだったので、ゆっくりゲームをする。
途中で引いてきたエンジニアで嫌なカードは即言語カマドして黙らせるw

中盤には相手が盤面だけでは解決できない状態で全部埋まっている状態になり、こちらは凛神奈紗音の形。
そのままの流れで念動力分だけデッキ削られつつ、撫子にも箱にもガイアにもアクセス出来ていない自分の引き運のなさを呪いつつも「勝ち確かなぁ」とか思ってたら飛んでくる重箱弁当。
使った2枚しか見えていない念動力。
アレ?? これ、念動力2枚で丁度詰みじゃね??www

相手がまだ握ってなかったようで、敗北は回避。
翌ターンに相手の残りライフを3まで追い詰めるも亜多良でチャンプしたので射撃打ち放題の状況を作られている。
まずいwww
そう思ってたところでやっと引いてくる撫子。
返しで射撃+念動力で詰むところを撫子で回復して勝ち。

優勝決定戦 VS宙日ネコ比良賀 ○
というわけで決勝。
下り階段踏んだから時間切れするとオポ負けするんじゃね??という恐怖に怯えながら卓につく。

じゃんけんに勝利するも、手札は今日一番のゴミ手。
流石俺www
マリアと箱があったので、マリア紗音でお茶を濁そうかと考えつつも、まずハーモニカで解決しないか試してみる。
引きこむは二枚目の箱www
死ねよwww

仕方がないので指定コストで左AFにマリア出して紗音釣ってくる。
ここでドローしたのが神奈だったので、紗音マリアではなく紗音神奈でゲームする方針に切替、中央紗音エンド。

返しで巫女のみ宣言されて、「えっ、もしかしてパーミ??オワタwww」とか思うもキチエモン引っ張られて袁術青子夏川とか出される。宙日ネコ比良賀かな。
相性勝ち出来そうなんだけど如何せん引き格差が酷いよねwww

返しで神奈出して箱貼ってという流れを考えていたものの、ドローが此芽とか秀逸過ぎたので方針変更。
此芽出して、此芽を生かせば勝ち確の流れが予想されるので亜多良登場。指定は狙撃。

相手のSPが低いので相手は打点通せず。
ターン返るもさっきハンド使いすぎて箱貼るのが精一杯だったような。
ドロソ出させてくれwww

ここで電柱貼られたら無理ゲーされる危険はあったものの、貼られず。
神奈出した辺りでリベレイトされてガイア捨てなきゃいけなくなって涙目。

そんな展開がありつつも神奈が箱シールドしながらドローと回復をこなしていく。
相手がネコあーちゃん決めてたから神奈はバトルを無効化されるので、マリカスと相手の袁術ドローが主打点源。しかも困ったことにこのあーちゃん、感謝貼られてるから言語カマドで能力止められない。
相手の打点止まってるから負ける要素は少なそうなんだけど、これ、時間内に終わるの??(汗)

そんなこんなで盤面を作り終え、回復ゲーしながらドローゴーと時折出てくるペナルティドロー持ちのキャラのペナルティを主打点に必死で殴って回復。

何とか時間内に終わったらしく、勝利。





っと、そんなわけで優勝しました。
時間が厳しいデッキだったので、プレイングを早くすることを意識し過ぎて結構酷いプレミを連発していましたが、デッキパワーがカバーしてくれました(ぁ
新年になり、優勝もしたということで今日の人に相応しい引きをしていたかと思っていましたが、引き自体は確率論的にはかなり酷い引きだったんですねwww
とはいえ、要所でぎりぎりのタイミングで本当に欲しいカード(というか主にピン投の此芽)にアクセス出来ていたのはかなりのディスティニードロー感がありますね。


とりあえずこれにてファイナルの権利も確定しましたので、今年の大会は入賞ではなく優勝を意識した構築をしていこうと思います。
入賞狙いと優勝狙いとで結構構築の仕方が違うので、思い切った構築をしやすい立場になれたのはありがたい限りですbb



↓以下、ヤフオク便利リンク

Lyceeのヤフオクのプロモカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのネオパラまとめリンク

Lyceeのヤフオクのラッキーカードまとめリンク

Lyceeのヤフオクのサインカードまとめリンク

とりあえずLyceeで出品されてるもの全部
posted by あるじ at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lycee 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311878785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。